移ろいゆく多彩な美を愉しむ
価値観の提供を通して、
大人女性の今を凛として
しなやかに進化させる。

SUQQUは持続可能な開発目標(SDGs)に取り組んでいます。

main

サポートプログラム


今を生きる大人の女性に、凛と自立したしなやかな女性像を提案してきたSUQQU。
大切な人へ感謝の気持ちを込めて贈りものをする習慣もある、3月8日の国際女性デーに合わせ、寄付を通して途上国の女の子たちに“豊かな価値観”を育む教育を贈り、“移ろいゆく多彩な美を愉しむ豊かな人生”を歩んでいくためのサポートプログラムを実施しました。

国際女性デーサポートプログラム

2021年3月に行ったサポートプログラムでは、ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラム
4万日分に相当する金額を寄付することができました。

ルーム・トゥ・リードの女子教育プログラムでは、少女達がプログラムを通じ習得したライフスキルを使い、困難な状況を乗り越えることができるよう、コミュニティメンターが幅広い支援活動を行っています。ライフスキル教育を通じて育成しているコミュニケーション能力、忍耐力、レジリエンス力などの資質は、この激動の時代に少女とその家族に必要な均衡と安定をもたらす上で、極めて重要な役割を果たしています。

suqqu_sdgs01

新型コロナウィルス感染症による世界的なパンデミックの影響は、ルーム・トゥ・リードが支援する少女たちの生活にも少なからず影響を及ぼしています。ルーム・トゥ・リードの目標は、様々なリソースやプログラムを提供することで、できるだけ多くの子ども達の固有(ユニーク)なニーズに対応することです。教室、自宅に限らず、あらゆる場所にいる子ども達に届くよう、学校の開校状況や時期に応じてプログラムの提供方法を日々進化させています。

suqqu_sdgs02

少女達が学び続け、自分自身や家族、コミュニティのためにより選択ができるよう、SUQQUは今後も支援を続けてまいります。

活動支援団体
ルーム・トゥ・リード

RTR Logo_centered tagline_color

ルーム・トゥ・リードは、「子どもの教育が世界を変える」との信念に基づき2000年に設立され、低所得国の学校で、識字教育においては初等教育段階、女子教育では中等教育段階という子どもの学校教育において最も重要な二つの時期に、革新的なモデルを用いて深く体系的な変革をもたらしている組織です。初等教育段階の児童に識字能力や読書習慣の育成とともに、少女たちが将来自立するためのライフスキルを身につけ中等教育を修了できるように、地域社会、パートナー組織や政府と協働しています。ルーム・トゥ・リードはこれまで、16カ国37,000以上のコミュニティにおいて1,680万人の児童を支援してきました。
詳細はhttp://japan.roomtoread.org/をご覧ください。

環境への取り組み


SUQQUではESG・資源保護の観点により、環境に配慮した取り組みを推進しています。ショッピングバッグ・ラッピングは、お客様のご要望に合わせたお渡しを実施しています。

wrapping

logo_v

Page Top